機能性を高めた、iLectの新しいバージョンをリリースしました。重要な改善点は以下のとおりです。

  • ユーザーは、各自の計算機環境(’Pod’と呼びます)をマネージすることができます。例えば、環境を保存/クローンしたり、複数の環境を同時に起動することが可能になります。
  • 講座の管理者(’Lecturer’)は、新しい受講者(’student’)をコースに追加し、各受講者の計算機稼働時間をマネージすることができるようになります。
  • ファイル共有スペースの実装され、講座の管理者は、講座マテリアルを配布したり受講者のファイルに簡単にアクセスできるようになります。

iLectにログインしていただくと、これら新しい機能が確認できます。

 

New Version Release

A new version of iLect with added functionality has been released. The most important new features are:

  • Users can manage their computation environments (called ‘pods’) individually, such as saving or cloning environments and running multiple environments simultaneously.
  • Lecturers can autonomously add new students to a course and manage each student’s computing time.
  • The implementation of shared storage space makes it possible for lecturers to provide course material and access student files without effort.

You can login to the system to check out the new features.